受験のコト,進学のコト。

2023年度入試 結果出揃う。

3月3日は埼玉県公立高校入試の合否発表日でした。
結果,

  🌸全員合格!!🌸

となりました。
2023年度高校入試は公立・私立ともに,

  🌸全員第一志望合格!!🌸

です。
中には最難関の県立高校へチャレンジした生徒や,私立高校の上位コースへのランクアップでの合格,特待生(奨学生)での合格をした生徒もいました。
本当によく頑張ったと思います。

みんな,おめでとう!!!

明日。

いよいよ明日,埼玉県公立高校入試の筆記が実施される。

さっき,最後まで頑張っていた生徒さんが帰宅した。
静かで,がらんとした教室にいると,耳の奥がギューッとなる。
こうやって誰もいなくなった教室で得も言われぬ緊張感に包まれている。
毎年毎年のことだけれど,いつまで経っても慣れないなあ。

152180


頑張って来い。
出せるものすべて,出し切って来い。
後悔のないように。

頑張れ,受験生。
みんな,頑張れ。

県内私立高校入試結果。

県内の私立高校入試の結果が出揃った。

結果は,

🌸全員合格!!🌸

みんな,おめでとう!

花咲徳栄高校,春日部共栄高校,開智高校や栄東高校など,本当によく頑張ったと思う。
中にはコースアップ,ランクアップ,特待生(奨学生)での合格もあり,最後まで手を抜かずに勉強した結果だと感じた。

このまま2月初めの都内私立高校の一般入試,そして2月22日の県立入試へ,ますます頑張っていこう。
また,私立単願の生徒はモチベーションが下がってしまいがちだが,一足先に,高校へ向けての勉強,まずは中学3年間の総復習から,しっかりと勉強を継続していこう。
高校が決まっても,中学の勉強が完璧!というわけではないのだから,気を抜かないように。


一先ず。
お疲れ様。

個性的な4本の木。~庄和・白岡・幸手桜・栗橋北彩高校合同説明会~

タイトルが長いな。w

11/26に栗橋北彩高校で行われた
 ・県立庄和高校
 ・県立白岡高校
 ・県立幸手桜高校
 ・県立栗橋北彩高校
の4校による『塾対象合同説明会』へうかがった。
県立高校による塾対象説明会への参加は,6月の草加高校と今回の4校と,今年度は2回目だ。

はっきりと言ってしまうが,この4校は,偏差値が高い訳ではないため,ずば抜けて進学実績が良いわけではない。
それが一因なのか,募集には苦戦しているそうだ。
「偏差値帯が高くない」と聞くと,「荒れている学校なんだろうな」というイメージ(勝手な)もあり,ちょっと避けられてしまう傾向もあるのだろう。

そこで,生徒募集に繋げるための今回の塾説なんだろうけど,ちょっと時期が遅いと感じた。


4校のプレゼンを拝聴していて,特に強く感じたのは,先生方がとても生徒思いだ,ということだ。
…んー。w
ものすごく安っぽく聞こえるなあ。w

偏差値が高くない学校には勉強が苦手な生徒が集まる。
勉強が苦手な生徒たちの多くは,卒業後の進路に就職や専門学校を考えているだろう。
そんな生徒たちにゴリゴリの大学受験指導をするのは逆に不親切。生徒思いとは言えない。
中学で学習した基礎的な内容を補完する。それらを社会に出て役立てられるように,資格などの勉強へ繋げていく。
高校で丁寧な学習指導を受けていくうちに,大学への進学を考える生徒も現れるだろう。
そういう生徒へは,適宜,大学受験指導もする。

4校が4校とも,もちろん学校ごとに違いはあるが,そういう生徒思いの指導をされているようだ。
それは,入学してきた生徒さんたちの特性をよく理解した上で,生徒さんたちに何が必要でどんな指導をするのが最適か,ということをしっかりと考えられているように感じた。
(他の学校がそういうことをしていない,と言いたいのではなく。)

多くの私立高校が,例えば,どういうカリキュラムで,どういうコースを設けていて,どういう進学指導をしているか,という点で特色を出している。
スポーツで全国大会を目指しながら難関大学へ進学している生徒もいますよ,というような。
ただ,そういったアプローチの仕方は違えど,どの学校も基本的には『大学進学』に重きを置いている部分を見れば,同じだ。
しかし,草加高校,今回の4校,そして一昨年行った不動岡高校を比較して,公立高校はもっと深い部分で違いがあるように感じた。
どのような生徒層が集まるかを熟知し,それぞれの学校の生徒層に合わせた進路や将来に向けた指導を行う。

根っこは同じで枝があっちこっち向いている大きな大きな木が私立高校なら,公立高校はそもそも木が違う。色々な木が集まった森が公立高校だ。
それが,完全に勝手なイメージで『没個性』的だと決めつけていた公立高校の,個性なのではないだろうか。


私たちは1年間で20校くらいの塾対象説明会へ参加する。ただし,殆どが私立高校だ。
だから,各私立高校の特色についてはある程度知っているつもりだ。
受験生が学校選びで悩んだとき,その生徒にはどの学校が最適だろうか考え,アドバイスできるくらいには。
しかし,公立高校を選ぶときの進路指導については実に受動的であることに,今回気づかされた。
 
 生徒「県立●●高校に行きたいんです。」
 私「何でその学校なの?」
 生徒「~~~だからです。」
 私「なるほど。まだ偏差値が届いてないから,もっと勉強しないとね。」

って感じの,受動的な,数値的な指導しかできていない。
どの公立高校がその生徒に最適なのか,それを考えられるだけの材料がないのだ。

公立高校にお邪魔できる,このような機会はとても貴重だと感じたし,もっといろいろな学校で開催してくれたらいいのにと思う。
出来れば,校内を見学したいし授業も見たい。
もっともっと公立高校の特色を知りたい。情報を得たい。


そんなことを強く感じた塾説だった。

1CFADE25-7B01-4AF1-9CCD-AA1B4569C7C5

B19F6CA8-432E-4B54-8C91-27D51B997775


貴重な機会をいただいた,庄和高校,白岡高校,幸手桜高校,栗橋北彩高校の担当の先生方,そしてご紹介くださった教育ジャーナリストの梅野弘之先生,本当にありがとうございました。

意識するならお早めに。

📚進学講演会『どこよりも早い!高校入試の話。』申し込み受付中!📚
🌸新年度入塾生募集中!🌸


『高校受験』っていつから意識したらイイ?
そんなことを聞かれることがあります。(特に中3になってから。)
中3の3学期に入るといよいよ高校受験シーズンを迎えます。
中学生になると,その来るべき受験を目標の一つにして勉強をするワケですが,それではいつ頃から『高校受験』を意識したら良いのでしょうか。


先に答えを言ってしまうと,「中学に入ったらすぐ。」です。


そういうことを言うと「塾だからそうやって不安を煽るようなこと/焦らせるようなことを言うんだよね。」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
ですが,それは紛れもない事実なんです。

高校受験(今は公立高校を想定しています)では『調査書』と言われるモノがあります。
所謂,『内申書』というヤツです。
これには,3年間の中学校生活のすべてが記載されています。
部活動の成果も英検などの検定も委員会などの活動も,もちろん各学年での3年分の成績も。
それらが全て点数化され,合否判定のための得点となります。
つまり,入試本番で同じ点数を取った生徒であっても,調査書の点数で合否が分かれてしまうこともある,ということです。

詳しいことは5月の《入試情報セミナー》でお話しする予定ですが,実際に某県立高校を受験した2名の生徒を例に挙げます(当塾の生徒ではなくデータです)。
Aさんは321点,Bさんは289点を入試でとりましたが合格したのはBさんでした。
調査書の点数の時点で40.5点もの差がついていたためです。
こう言ったことは,レアなケースではありません。

中1の年間評定は決定したら何があっても覆りませんし,中2の年間評定も同様です。
中3の年間評定(入試得点となるモノ)は1学期と2学期の成績で決まります。
特に秋の学校説明会や相談会では,高校の先生に1学期の成績を見せて話を聞くわけですから,1学期の成績ってかなり重要です。
(これ,意外と知らな(気づいてな)くて,「夏から頑張れば平気!」と思ってる人が多い!)

そういうことを考えると,『高校受験』というモノは早くから意識しておいた方が良いということが分かりますよね。
これは「志望校を中1から決めておいて。」ということではなく,「日々の勉強が入試につながるということを意識しておこう。」ということです。


「勉強は中3になってから。」「中3の夏からやればイイ。」と勉強することを先延ばしにするのは,生徒自身,お子さん自身の進路の幅を狭めてしまうことになり兼ねません。
早いうちから『高校受験』を意識して,勉強に取り組んでいくことが大切だと思います。
そしてもう一つ。
早いうちから高校の情報を集めておくことも大切です。
学校をよく知らなければ自分に合った学校を見つけることもできませんし,そうすると「志望校=行きたい学校」ではなく「志望校=名前を聞いたことある学校」になってしまいます。
秋からは「志望校を決める」期間。
「志望校を見つける」期間はもう始まっています。

例年4/29に行われていた埼玉東部地区の私立高校が集まる進学相談会『東部私学の集い』は今年も中止となりそうだということです。
今後の進学相談会や学校説明会・見学会も,新型コロナの状況いかんで中止になったり人数制限ありの予約制になったりすると思われます。
限りある機会を逃さないように,アンテナを張り巡らしておきましょう!


(/・ω・)/<『どこよりも早い!高校入試の話。』にもぜひ来てね!
プロフィール

教学館

埼玉県越谷市北部にある学習・進学塾【教学館】のブログです。
日々の出来事からお知らせまで,徒然なるままに書き連ねて行きます。
なお,入塾等のお問い合わせはホームページからお願いいたします。
⇒http://kyogaku-can.com

LINE公式アカウントはコチラからどうぞ!↓↓
友だち追加数

お申し込みやお問い合わせもLINEでお気軽に。





LINEに更新通知が届く!
今日の教学館。の更新通知がLINEで届くようになりました!
ご登録はこちらから。

最新コメント
Twitter
教学館公式Twitter稼働中! フォローをお願いします。
Instagram更新中!
Instagramやってます。 日々のアレコレを投稿してます。 「教学館」「kyogakukan」で検索してね。
読者登録はこちら。
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
  • ライブドアブログ